表示価格は特に表記のない限り契約事務手数料別・税別価格です。

ポケットWiFi

WiMAXの解約についての疑問を解決!

WiMAXの解約 トップ画像

WiMAXをこれから契約しようとしている方や、既に契約している方にとって解約についての疑問は多いと思います。

こちらではWiMAXの解約についての疑問に答えていきます!

WiMAXはクーリングオフ(初期契約解除)できるの?

クーリングオフは訪問販売や電話勧誘が条件となっておりネット申し込みのWiMAXには適用されませんが、条件を満たせばWiMAX契約のキャンセルができる「初期契約解除」が可能です。

ご契約のUQ通信サービスが利用可能になった日又はお客様が契約書面を受領した日のいずれか遅い日から起算して、8日を契約するまでの間、書面により本契約(料金プランを変更する場合は、その変更を内容とする契約とします。)の解除を行うことができます。

8日以内に書類で申請(テンプレートはダウンロード可)すれば違約金を支払うことなく契約を解除できます。

注意ポイント

・法人は不可

・端末その他は返却(返却不可は実費負担)

・事務手数料や通信料(日割り)はかかる

・申請書や端末送料は自己負担

解約にあたっての重要事項【契約期間のカウント方法】

WiMAXの契約期間、特に「1カ月目」という表現はプロバイダーによって少々違います。

多くは「サービス開始月(利用開始月)」か「端末発送月」翌月が1カ月目にあたります。

「サービス開始月(利用開始月)」とは、端末を受け取った月ですね!

「端末発送月」はプロバイダーが端末を発送した月です!

よって端末を受け取った月もしくは端末が発送された月が1カ月目ではなく、その次の月が1カ月目になります。

端末が発送されたのが月末で端末を受け取ったのが月初の場合、適用されるのが「サービス開始月」か「端末発送月」なのかで1カ月目のカウント方法が変わります。

この1カ月目のカウント方法によって解約金が無料になる「解約月」が変わりますので、申し込む前に公式サイトで確認するか、既に契約中の方は契約先に問い合わせてみましょう。

GMOとくとくBB WiMAXの例

では1カ月目の前、「サービス開始月(利用開始月)」「端末発送月」は何カ月目と呼ぶのか

これは0カ月目や何カ月目とは呼ばず、そのまま「サービス開始月」「利用開始月」「端末発送月」などと表現されます。

このページでは「サービス開始月」「利用開始月」「端末発送月」をひっくるめて利用開始月と呼びます。

ベストな申し込みタイミングは?

WiMAXを申し込むにあたってベストな申し込みタイミングはプロバイダーによって違います。

・利用開始月の料金が日割り→いつでもOK

・端末発送月・利用開始月が無料もしくは割引料金→31日などその月の最終日の夕方以降~月初早め

利用開始月が無料になったり割引されるプロバイダーに申し込む際、極端な話ですが月末25日に申し込んでしまった場合に単純に損をする可能性が高いです。

利用開始月が無料

25日に申し込み→28日に端末を受け取り利用開始→無料で使えるのは31日までの数日だけ

利用開始月が4000円→2000円

25日に申し込み→28日に端末を受け取り利用開始→31日までの数日しか使っていないのに料金が2000円

30日、31日に申し込んだら月初に届くだろうからとお考えのあなた!

最近は即日発送が多くなっています(大体は昼前後までの申し込み)

端末発送月が無料や割引になっている場合、即日発送され端末が31日に届くと上記のような事になってしまいます。

また月初に届いてしまった場合、端末発送月が無料や割引なのでその恩恵は0となるどころか、使ってもいない通信料2000円を支払う事になってしまいます。

(実際はある程度プロバイダーのほうで発送日などの調整はしてくれると思いますが)

利用開始月が無料になったり割引されるプロバイダーに申し込む際は31日などその月の最終日の夕方以降~月初早めに!

WiMAXの解約違約金はいくら?

多くの方が気になるのがWiMAXの解約金についてだと思います。

WiMAXの解約金は解約するタイミングによって変わってきます。

「サービス開始月」or「利用開始月」or「端末発送月」(それぞれプロバイダーによって変わります)の翌月を1カ月目とした

1ヶ月目~12ヶ月目までの解約:19,000円

13ヶ月目~24ヶ月目までの解約:14,000円

25ヶ月目~36カ月目までの解約:9,500円

37ヶ月目(解約月)の解約:0円

以降(解約月除く):9,500円

GMOとくとくBB WiMAXの例

プロバイダーによっては「キャンペーン違約金」が発生することに注意

ごく一部のプロバイダーではキャンペーン中に契約をし、その後契約期間内に解約すると通常の解約金にくわえ「キャンペーン違約金」なるものが発生する場合があるので注意してください。

WiMAXの解約方法

解約の締め日(受付期限)

当月中に解約したい場合は、各プロバイダーの解約受付期限までに手続きする必要があります。

その月の20日までor25日までor月末までが受付期限となっているプロバイダーが多く、契約終了日も当月末となり、月額料金の満額が請求されます。

受付期限を過ぎた場合は翌月末が契約終了日となります。

※即日解約、月額料金が日割り請求になるプロバイダーも存在します

解約手順

プロバイダー指定の【電話orネットor郵送】による解約となります。

電話は土日は受付していない場合や、17時には受付時間が終了している場合があります。

一部の公式サイトですと24時間解約を受け付けているプロバイダーもあります。

郵送の場合は書類を送ってもらう方法か、必要書類をプリントアウトして送る方法です。

郵送の場合で当月中に解約したい場合は、解約期限内に書類が届くように郵送しましょう!

解約電話が繋がらない

解約の電話は解約受付期限直前の11時~13時、16時~18時が多くなります。

そのため公式サイトから解約ができる場合は公式サイトから、電話の場合は平日の午前中早め14時~16時の間にかけると比較的繋がりやすくなるでしょう。

解約したいけどプロバイダーがわからない場合

WiMAXの契約プロバイダが分からない場合、契約書類や利用料金の支払い先を見れば分かります。

利用料金の支払い先は、以下の方法で確認してください。

クレジットカード払い:利用料金の請求元を確認

口座振替払い:引き落としの明細を確認

コンビニ振込:振込用紙の記載を確認

それでもわからない場合はWiMAXの本家であるUQ WiMAXのお客さまセンター(0120-929-828)で確認することができます。

WiMAXの解約手続き後いつまで使えるの?

その月の解約受付期限までに手続きが完了した場合は当月末までWiMAXを利用することができます。

受付期限を過ぎて解約手続きをした場合は翌月末までWiMAXを利用することができます。

月初になってもWiMAXが使えてるんだけど?

解約したのにまだWiMAXが使えている場合は2つのケースが考えられます。

・受付期限を過ぎて解約手続きをしたので契約終了日が1カ月延びている

・サービスは月初~初旬にかけて順次停止するのでまだ使えてしまっているケース(接続すると追加料金を請求される可能性があるので利用は控えましょう)

解約したときの月額料金は?

解約の締め日(受付期限)の項目でも解説しましたが、

当月中に解約したい場合は各プロバイダーの解約受付期限までに手続きする必要があります。

その月の20日までor25日までor月末までが受付期限となっているプロバイダーが多く、契約終了日も当月末となり、月額料金の満額が請求されます。

受付期限を過ぎた場合は翌月末が契約終了日となります。

※即日解約、月額料金が日割り請求になるプロバイダーも存在します

WiMAXを解約したら端末やSIMカードを返却しないといけないの?

WiMAXプロバイダーと契約した場合は、契約期間内の解約であってもWiMAX端末の返却は必要ありません。(8日間の初期契約解除の場合や、ごく一部のプロバイダーを除く)

端末代は月額料金に含まれているor別途分割で購入or解約違約金に含まれているという料金体系ですので基本的にWiMAX端末を返却することはありません。

(分割購入の契約で端末代の残債がある場合は解約後も支払い続ける必要があります)

ちなみにSIMカードはプロバイダーによって返却しないといけない場合があり、紛失すると3000円程請求されるので注意しましょう!

※もちろんWiMAXプロバイダーとの契約ではなく、短期のレンタル契約の場合や、返却が必要な契約の場合は端末の返却が必要です

WiMAXを解約後の端末の使い道

売却

WiMAXを解約して今後使う予定が無いのであれば、ネットオークションなどで売却すれば数千円にはなります。

ホームルーターはWiFiルーターとして使う

ホームルーターはWiMAXを解約した後でもWiFiルーターとして使用する事ができ、別途電器店などでWiFiルーターを購入する必要はありません。

モバイルルーターもクレードル対応機種であればWiFiルーターとして使用する事もできます。

モバイルルーターはau回線SIMを挿して使える

モバイルルーターはWiMAXを解約した後でもトリプルキャリア対応かau回線を使用する事業者のSIMカードを挿入して使用する事ができます。

解約証明書や違約金領収書が欲しい

インターネットを他社からの乗り換えで違約金を負担してくれるサービスがあり、違約金を証明する書類が必要な方もいらっしゃると思います。

基本的にどのWiMAXプロバイダーでも解約証明書や違約金領収書等の発行はしていません。

よって、各プロバイダーのwebサイトで請求明細をプリントアウトしたり、スクリーンショットしたり、クレジットカードの請求明細などを用意する必要があります。

乗り換えキャンペーンを実施している事業者へどういった書類が必要なのかを確認し、適宜準備をしましょう。

WiMAXの解約違約金を支払わないとどうなる?

利用料金や解約違約金は必ず払うようにしましょう。

クレジットカード・口座振替・コンビニ払い全て同様で延滞金が加算されるほか、信用情報に傷がついてしまい今後

・クレジットカードの審査に通らない

・キャッシングの審査に通らない

・住宅ローン審査に通らない

・スマホの分割払いができない

・各種分割払いができなくなる

・賃貸で保証会社を利用できない

などデメリットが大きいです。

どうしても違約金を支払いたくない場合は乗り換えキャンペーンを実施しているサービスも検討してみてはいかがでしょうか。

引っ越したら圏外だったのでWiMAXを解約したい

引っ越したらWiMAXの圏外だった場合にはほとんどのプロバイダーが救済措置を用意してません。

・WiMAX回線自体に回線障害が発生していないかを確認

・ルーターを受信感度のよい場所に変更

・自作パラボラアンテナを作成

などを試してみてダメな場合は乗り換えキャンペーンなどを実施している固定回線を検討するしかなさそうです。

WiMAX 解約後の再加入について

基本的にWiMAXは継続利用であまり得しない仕組みとなっていますので、契約期間が満了すれば別のプロバイダーと契約し特典を受けるのがかしこい利用方法です。

WiMAXを解約後に再加入したいと思う方はキャッシュバックキャンペーンなどが適用されるのか気になると思います。

残念ながらほとんどのプロバイダーのキャンペーンが新規の方対象となるので、解約してもう一度同じプロバイダーで契約を結びなおしてもキャンペーンは適用されません。

家族に協力してもらう手も

契約者を変えるとキャンペーンが適用される場合もありますので家族の許可を取り契約する方法もあります。

ただしこの方法も契約先住所がプロバイダーに既に登録されている場合は適用外の可能性もありますので、詳しくは各プロバイダーへお問い合わせください。

解約タイミングはいつがいい?

解約の締め日(受付期限)の項目でも解説しましたが、

当月中に解約したい場合は各プロバイダーの解約受付期限までに手続きする必要があります。

その月の20日までor25日までor月末までが受付期限となっているプロバイダーが多く、契約終了日も当月末となり、月額料金の満額が請求されます。

受付期限を過ぎた場合は翌月末が契約終了日となります。

そのため、その月の解約期限内であれば月初であろうが得も損もしません。

※即日解約、月額料金が日割り請求になるプロバイダーも存在します

WiMAX端末を紛失したので解約したい

WiMAX端末を紛失した場合は不正利用を防ぐために一旦解約となります。(一時休止はできません)

その際、解約違約金が発生します。

未払いによる強制解約

口座の残高不足やクレジットカードの停止などWiMAX料金が未払いになると、早ければ1カ月程度でWiMAXが使えなくなります。

WiMAXが使えなくなっても利用料金はかかります。

3カ月程度たつと強制解約となり、未払いの利用料金にくわえ延滞金や解約違約金が発生します。

また、信用情報に傷がつき大変不便になりますので各料金はきっちり支払うようにしましょう。

 

-ポケットWiFi

© 2021 ネット回線の情報収集所