表示価格は特に表記のない限り契約事務手数料別・税別価格です。

ポケットWiFi

【最安値宣言】WiMAXのギガ放題が1年契約で月額2,816円【専門家監修】

、テレワークや在宅長時間化の影響もあり、短期契約あるいは固定回線代わりにポケットWiFiを使用する方が非常に多く、各社在庫が追い付かなくなるなど申し込みが激増中です。

ポケットWiFiの中でも特に人気のWiMAX

通常3年契約で月額4,500円程度のWiMAXのギガ放題が、キャンペーン中の契約に限り1年だけの使用で月額2,816円で利用できる方法があります。

ギガ放題で月額2,816円はポケットWiFi最安値です。

さらに端末までGETできてしまうという非常にお得な方法です。

端末は不要であればメルカリなどネットオークションで3,000円~5,000円以上で売却することもできます。

auスマートフォンユーザーやUQモバイルユーザーなら月額料金がさらに安くなります。

ポケットWiFiは月額料金やキャンペーン、各種条件が複雑なため、総合的に見て自分に合ったサービスに申し込むのが重要になってきます。

こちらではネット回線の専門家が、面倒な方法など一切なく誰でもお得にWiMAXの申し込みができる方法を紹介しています!

最後まで読むのが面倒な方のために結論を先にまとめると...

GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーン中に契約をし、1年で解約すれば実質月額2,816円で利用できる

*現在キャンペーン中です!

※特定の紹介サイト経由だとキャッシュバックや月額割引の条件が変わるため、申し込みはこのページ経由で行いましょう。



月額2,816円で利用する方法

GMOとくとくBB WiMAXキャンペーン中に...

・ ホームルーターを選択(モバイルルーターなら月額3,085円)

・13カ月目に解約

これだけです。

面倒な方法など一切なく誰でも簡単にギガ放題が月額2,816円で利用できてしまいます。

詳しく見ていきましょう!

キャッシュバックが高額!

GMOとくとくBB WiMAXは他社と比べてキャッシュバックが非常に高額です。

端末によるキャッシュバック額

モバイルルーターなら28,000円、ホームルーターなら31,500円と他社と比べても非常に高額のキャッシュバックが受け取れます。

当サイトでもW06をおすすめしていますのでWX06は無視してもらって結構です。

機種について詳しくはこちら

他社のキャッシュバックと比較してみましょう。

主なプロバイダーのキャンペーン一覧

GMOとくとくBB WiMAX 31,500円キャッシュバック
BroadWiMAX 初期費用18,857円割引
BIGLOBE WiMAX 15,000円キャッシュバック
So-net WiMAX 1年間1,499円割引
Smafi WiMAX 毎月673円割引
DTI WiMAX 月額2カ月無料

主なプロバイダーのキャッシュバックやキャンペーンと比較してみましたが、端末代、月額料金、初期費用等を総合的に見て一番お得なのはGMOとくとくBB WiMAXです。

2カ月目まで654円割引

キャッシュバックに加えて、2カ月目まで月額料金が654円割引になります。

さらに初月の月額料金は日割りでの請求になります。
月末に契約をしても丸々1カ月分の料金を請求する事業者も多い中、GMOとくとくBB WiMAXなら例え月末であっても安心して申し込みすることができます。

・他社
月末25日に使用開始→月額料金の全額が請求される

GMOとくとくBB WiMAX
月末25日に使用開始→日割りなので月末までの数日分の請求

端末代が無料

1年契約が可能なBIGLOBE WiMAXも存在しますが、実はBIGLOBE WiMAX端末代19,200円を2年間の分割で返済する形となります。

よって月額料金も割高になってしまいますし、1年の契約が満了しても端末代の9,600円が残ってしまいトータル的にはお得ではありません。

一方、GMO WiMAXはキャンペーン中、端末代が無料です

例え1年で解約しても端末代が請求されることはありません。

端末は不要であればメルカリなどネットオークションで3,000円~5,000円以上で売却することもできます。

モバイルルーター

ホームルーター

違約金を支払っても月額2854円

GMOとくとくBB WiMAXの契約期間は3年ですが1年で解約するとなると気になるのは違約金です。

違約金

~1年 19,000円

1年~2年 14,000円 今回の計算の対象

2年~3年 9,500円

結構な違約金がかかりますがこれを含めても月額2,816円で使用できる計算になります。

1カ月目 月額 3,609円
2カ月目 月額 +3,609円
3カ月目~13カ月目(11カ月間 月額計) +46,893円
違約金 1年以上~2年未満 +14,000円
キャッシュバック -31,500円
=37,111円
13カ月 ÷13
実質月額 =2,816円

モバイルルーターならキャッシュバックが28,000円となりますので月額3,085円となります。

auスマートフォンユーザーやUQモバイルユーザーなら月額料金がさらに安くなります。(詳しくは公式サイトにて)

GMOとくとくBB公式サイト https://gmobb.jp/

なぜ13カ月?

端末発送月はカウントされず、次の月から1カ月目とカウントされます。

よって、違約金も5000円下がり一番お得なのは13カ月間となります。

キャッシュバックの受け取りは

11か月後に届くメールにて手続き

1カ月~2カ月以内に手続きをしないといけない

振込時期までに解約をしてしまうとキャッシュバックがもらえない

GMO WiMAX公式ページ

以上のことから、キャッシュバックの受け取りがほぼ1年後となりますので、1年以内に解約をしてしまいキャッシュバックが受け取れないのを防ぐ為、13カ月としています。

*現在キャンペーン中です!

※特定の紹介サイト経由だとキャッシュバックや月額割引の条件が変わるため、申し込みはこのページ経由で行いましょう。



とくとくBB WiMAXを申し込む前に確認したい2つの注意点!

1.キャッシュバックの受け取り忘れに注意

GMO とくとくBB WiMAXのキャッシュバックの受け取りには注意が必要です。

これはどのプロバイダも同じですが、キャッシュバックは契約後すぐに受け取れるわけではなく、GMOとくとくBBも例外ではありません。

メールは申込み時に新規で作成される基本メールアドレス宛に送信される

端末発送月を含めた11か月後に届くメールにて手続き

※端末発送月を含める(発送月を1と数える)ので以下のようになります。

端末発送月 案内メール 受取日
1月 11月 12月
2月 12月 翌年1月
3月 翌年1月 翌年2月
4月 翌年2月 翌年3月
5月 翌年3月 翌年4月
6月 翌年4月 翌年5月
7月 翌年5月 翌年6月
8月 翌年6月 翌年7月
9月 翌年7月 翌年8月
10月 翌年8月 翌年9月
11月 翌年9月 翌年10月
12月 翌年10 翌年11月

メール送信日から1カ月~2カ月以内に手続き

メールが送信された日の翌月末日までに受取口座の連絡をしないとキャッシュバックが受け取れません。

月初に案内メールがくれば約2カ月、月末に案内メールがくれば約1カ月の期間となります。

この間に忘れずに手続きしましょう!

メールは申込み時に新規で作成される基本メールアドレス宛に送信される

キャッシュバックの受け取りミスで一番多く発生しているのがこれです!

キャッシュバックの案内メールはあなたが普段使っているメールアドレス宛には届きません

とくとくBBの会員サポートからWebメールへログインしてメールを確認する必要があります。

GMOとくとくBBから送られてくる登録証にメールアドレスが記載されています。(例:〇〇〇@m.gmobb.jp)

さらにキャッシュバックの案内メールは、お知らせメールなどで埋もれている可能性が高いので見落とさないようにしましょう。

とくとくBB Webメール画面

忘れないようにカレンダーに記載したり、スマホのスケジュールに記入してアラームなどで通知されるようにしておきましょう!

【案内メールが送られる月の月末に思い出す工夫をしておく→webメールを確認→すぐ手続き】で受け取りミスを防ぐことができます。

2.初月加入必須のオプション解除を忘れずに!

GMO とくとくBB WiMAXの申し込みの際、安心サポートやその他オプション加入が初月加入必須となります。
これらのオプションは放っておくと月々700円~800円ほどの負担となるので必要でなければ解除しましょう。
端末発送月の翌月以降ににBBnaviから解除することができます。

GMOとくとくBB WiMAXについて

GMOってどんな会社?

WiMAXの契約をするにあたって、会社の評判は気になるところです。
GMOのWiMAX、とくとくBB WiMAXの評判はどうなのでしょうか?

とくとくBB WiMAXは最も選ばれているプロバイダーです。

大手プロバイダーとして20年以上の運営実績があり「オリコン顧客満足度ランキング」で2019年、2020年と2年連続お客様満足度No.1に輝いています。

また、他社のポケットWiFiと比較しても、通信速度が速くスマホのセット割でお得になるなどの理由で選ばれているWiMAXです。

公式サポートの連絡もスムーズで、速度やエリアに問題もなく、総合的に評判が良い会社です。

WiMAXについて

WiMAXはUQコミュニケーションズが提供する人口カバー率99%以上高速回線

長年の実績と顧客の信頼からUQコミュニケーションズの契約者数は3500万人を突破する勢いです。

UQコミュニケーションズ公式サイトより

現在ポケットWiFiの回線は2種類あって、UQが提供しているWiMAX回線と3大キャリアと呼ばれるdocomo/au/Softbankが提供しているLTE回線になります。

基本的に〇〇WiMAXと書かれているサービスはWiMAX回線になります。例:[GMOとくとくBB WiMAX][UQ WiMAX][Broad WiMAX][BIGLOBE WiMAX]

通信制限上限

一定以上の通信量を超えた場合に通信速度が遅くなる通信制限。

月間の制限はありませんが、3日で10GBを使うと通信制限がかかります。

実は通信制限はあまり気にする必要はない

10GBといえば標準画質の動画10時間分です。

1日に動画を3時間以上見ないのであればそもそも制限にかかる事は無いです。

通信制限にかかっても充分な速度

制限がかかり速度が1Mbpsに制限されたとしても、動画の視聴やネットの閲覧に支障はありません。

実際、YouTube動画の視聴は0.5Mbps程度で充分だからです。

日中利用がメインならなおさら

速度制限は18時から2時までの夜間8時間のみなので、 日中の利用がメインならいくら通信しても速度が低下することがなく快適に使い続けることができます。

WiMAXはどこと契約しても同じ

WiMAX回線は、UQコミュニケーションズが提供する通信回線です。

そのWiMAX回線をプロバイダーと呼ばれる通信事業者を介して利用することになります。

どこのプロバイダーと契約したから通信速度が遅いとか、通信制限上限が違うとかはありえません。

なので実質料金が最も安いWiMAXプロバイダーと契約するのが正解となります。

そこでおすすめなのが最安値のGMOとくとくBB WiMAXとなります。

エリアについて

WiMAXのエリアは日々拡大を続けており、人口カバー率は99%を超えています。

全国主要都市が生活圏なのであればエリアの心配はほぼゼロです。

現在は地下鉄など各種交通機関においても、さらに快適にネット利用ができるよう努力がされています。

ただし地方に行くと使えないケースや、室内や地下などで電波が弱くなってしまうこともあるので注意が必要です。

エリアはこちらで調べられます

引用:UQWiMAXエリア確認ページ

もっと詳しく自宅住所などをピンポイントで調べたい場合はこちら

>WiMAX対応エリアはこちらからチェック

エリア判定→ピンポイントエリア判定で〇、△、×で判定してくれます。

判定が△だった場合

判定が△だった場合はWiMAXの利用は少し厳しいかもしれません。

しかしまだ諦めないでください。(判定が×だった方は残念ながらWiMAXは諦めてください)

実はUQ WiMAXでは自宅での速度や繋がりやすさを15日間無料で試せるTry WiMAXというお試し期間があります。(判定が〇だった方もOK!)

・お試し期間は15日間

自宅やよく使う場所など好きな場所でたっぷり試せる

・完全無料で利用可能

機器のレンタル料・通信料・配送料など全て無料

契約前に「15日間完全無料」でWiMAXの速度や繋がりやすさ、使用容量を体感できます。

3日で10GB使用すると速度制限にかかってしまいますので自分が1日にどれくらいの容量を使用しているかの確認にも。

また、TryWiMAXを利用した後は、他のプロバイダーから契約してもOK。

 

判定が△の方はレンタルの際、据え置き型のホームルーターをおすすめします。

持ち運び型のモバイルルーターでは電波が拾えない可能性が極めて高いです。

速度についての口コミ

速度については当サイトではあまり重要とは思っておらず、1Mbps程度の速度が出ていれば問題ないとの認識です。

それよりも大切なのは繋がるか繋がらないかです。

速度の目安については口コミの下で解説しています。

※項目をクリックで切替えできます




30代女性・会社員

接続スピードも速くて快適です。

40代男性・会社員

デスクトップにUSBでつないでいます
愛知県豊田市内マンション10階ですが、ケーブルTVインターネットと変わりません。
液晶表示がアンテナ1本でも、早いです。

30代男性・その他

事前にTry WiMAXで確認したこともあり特段問題ありません。快適に使用しています。

40代男性・会社員

一度だけ制限に掛かったが、動画も普通に見れた。

30代女性・会社員

普段使用している際にストレスを感じる事は全くありません

20代男性・学生

早くてとてもいい

30代女性・自営業

重たいファイルをダウンロードしたり送信したりしますが、不自由ありません。

20代女性・会社員

フレッツ光よりも早い!ただ充電する面倒くささはある

20代男性・専門職

なんとUQWimaxのご配慮で、今年2月に入ってから「1mbps」での通信を行えるようになりました。
この速度のおかげでネットユーザーはストレスフリーなインターネットを楽しめます。

20代男性・学生

13Mbpsなど十分で体感として光と変わりません。

50代男性・会社員

ほぼ夕方19:00前後になればつながらないことが常。

30代男性・会社員

以前は20~30Mb/s以上出ていましたが、コロナ以降5~10Mb/sに下がりそのままです。

20代男性・会社員

全然遅くて使えない。

50代男性・自営業

ギガ放題のはずが、遅すぎて3日で10GBの制限にはるかに届かない。

20代女性・会社員

遅め。回線が不安定

30代男性・パート・アルバイト・派遣

速度はごく稀に5Mbpsほどの時もありますが、だいたいは1~3Mbps以下で使い物になりません。昼夜を問わず1Mbps以下の時も多々あります。

20代男性・会社員

立地が悪い可能性もありますがMAXでも数Mbpsしか出ず不満です

20代男性・会社員

下り・・・制限かかると1~2M程度(1M下回る場合もある)
PING・・・50~70くらい

20代男性・学生

朝方だと下り11Mbpsぐらいですが、夜間になると半分以下です。1つのデバイスしか繋げないなら問題ないと思いますが、複数の機器を同時使用するとノロマです。また無線だから当たり前ですがping値が大きい(ラグがある)です。


固定回線よりも速いストレス無く動画も見られる安定して10Mbps以上という声が多かったです。

一方、数Mbpsしか出ない不安定繋がらないといった声もありました。

ネット回線の専門家としては、ポケットWiFiで数Mbpsの速度が出ていれば御の字ですし、恐らくもっと速度は出ます。

不安定や繋がらないといった症状はそもそもWiMAX回線が原因ではない可能性が高いです。

インターネット接続に必要な通信速度の目安は以下の通りです。

通信速度の目安

1Mbps ウェブページ閲覧、メール受信、LINE
3Mbps  YouTube動画(フルHD)、ビデオ通話
5Mbps スマホのオンラインゲーム
20Mbps 4K動画の再生、PCオンラインゲーム

動画やYouTube再生に必要な通信速度

144p 180kbps
240p 270kbps
360p 530kbps
480p(SD)DVDレベル 800kbps
720p(HD) 1.8Mbps
1080p(フルHD)Blu-rayレベル 3.0Mbps
2160p(4K UHD)4K画質 20.0Mbps

今やポケットWiFiの速度は充分過ぎる位に速いです。普通に電波状況が問題なければ、10Mbps~50Mbps程度は安定して出ますし、状況次第では100Mbps越えの速度がでることもあります。

数万件のWiMAXの速度調査によると、平均は20Mbps以上という結果でした。

悪い口コミを見ても最低1Mbpsは出てるので、反応速度が求められるスマホのオンラインゲームや高画質での動画再生をしない限りは問題ないと言えるでしょう。

よっぽどWiMAX回線の電波が届きにくい地域でない限りは快適にネット接続ができます。

機種について

WX06 W06 HOME 02 HOME L02
タイプ モバイルルーター モバイルルーター ホームルーター ホームルーター
発売日 2020/1/30 2019/1/25 2020/1/30 2019/1/25
重量 127g 125g 218g 436g
サイズ 111x62x13.3 128x64x11.9 50xx100x118 93x178x93
通信時間 14時間 9時間 - -
最大速度 440Mbps 1237Mbps 440Mbps 1237Mbps
同時接続 16台 16台 20台 40台
メーカー NEC ファーウェイ NEC ファーウェイ
液晶 2.4インチ 2.4インチ - -

ホームルーターはHOME 02とHOME L02

HOME 02とHOME L02がホームルーターです。

 

02は奥行きがありL02は円柱型です。

02は実際に手にとってみるとびっくりするくらい小さくて軽いです。
奥行きこそはあるものの、およそ握りこぶし1個分の大きさです。

それに対しL02はずっしりとしていてこれぞホームルーターという感じですね。

後継機種ではなく最新機種のメーカー違い

型番が似ているので後継機種かと思いがちですがそれぞれ別会社の最新機種になります。

02はNEC製、L02はファーウェイ製です。

後述しますが、ホームルーターを選ぶなら絶対にファーウェイのL02を選びましょう!

ホームルーターとモバイルルーターの違い

ホームルーターとモバイルルーターにはどんな違いがあるのでしょうか?

電波強度

ホームルーターは機器自体がモバイルルーターと比べて大きく、搭載アンテナが強力です。

さらに、充電式ではなくコンセントからの電力で駆動するので常にハイパフォーマンスで駆動します。

そのため電波の到達距離や安定性はホームルーターのほうが優秀です。

同時接続台数

同時接続台数はモバイルルーターが最大16台に対し、ホームルーターは02が20台、L02に関しては40台となります。

そもそも16台も繋がないからいいやと思うかもしれませんが、ルーターは同時に接続されている台数が多ければ多いほど通信速度が遅くなります。

よって、モバイルルーターに5台接続しているのとホームルーターに5台接続しているのとではキャパの大きいホームルーターのほうが通信速度の低下が現れにくいです。

通信速度

通信速度についてはホームルーターもモバイルルーターも大して変わりません。

しかし、ホームルーターのほうが電波強度が強いこともあり、WiFiの欠点である通信範囲や安定性をカバーできるホームルーターのほうがストレスのないネット利用ができると言えます。

おすすめの機種について

モバイルルーターなら「W06」

ホームルーターなら「L02」

の、どちらともファーウェイ製の端末を選ぶようにしてください!

通信速度や繋がりやすさが違う

メーカー公表の最大通信速度から既に大きく違いがありますが、モバイルルーターW06は繋がりやすく、ホームルーターL02は実際の通信速度も断然速いです。

WX06 W06 HOME 02 HOME L02
タイプ モバイルルーター モバイルルーター ホームルーター ホームルーター
発売日 2020/1/30 2019/1/25 2020/1/30 2019/1/25
重量 127g 125g 218g 436g
サイズ 111x62x13.3 128x64x11.9 50xx100x118 93x178x93
通信時間 14時間 9時間 - -
最大速度 440Mbps 1237Mbps 440Mbps 1237Mbps
同時接続 16台 16台 20台 40台
メーカー NEC ファーウェイ NEC ファーウェイ
液晶 2.4インチ 2.4インチ - -

モバイルルーターはW06

W06はWX06よりも格段に繋がりやすく、常に長時間必要な場合を除いてはW06を選ぶことをおすすめします。

ハイモードアンテナハイパワーアンテナ

名前が似てますがW06に搭載されているのがハイモードアンテナで、WX06に搭載されているのがハイパワーアンテナです。

それぞれの違いは...

・ハイモードアンテナ
電波のキャッチ能力と速度の向上(概ね20%)

・ハイパワーアンテナ
速度の向上(概ね20%)

速度の向上能力は両社同じですが、W06のハイモードアンテナは、電波のキャッチ能力も向上する機能を持っています。

そもそもモバイルルーターは、基地局からの電波をキャッチできないと使い物にならないのでW06のほうが優秀です。

ホームルーターはL02

ホームルーターのHOME 02とHOME L02で実際の速度を測ってみました!

時間内に複数回計測した平均です。

本体は電波の入りやすい窓際に置いています。

結果はこちら

HOME 02 HOME L02
8時~12時 17.1 41.9
12時~16時 15.1 33.3
16時~20時 22.5 35.0
20時~24時 10.2 30.3
24時~4時 29.6 38.4
4時~8時 33.8 57.7
平均 21.4mbps 39.4mbps

速度が2倍近く違う結果となりました。

端末が小さく軽い02ですが、搭載アンテナが弱いのか、L02には完敗という結果となりました。

ホームルーターがおすすめの人

こんなあなたにはホームルーターがおすすめ

・主に自宅でWiFiを利用したい

複数の端末を同時に接続したい

家族でWiFiを共有したい

安定した通信環境が欲しい

モバイルルーターがおすすめの人

こんなあなたにはモバイルルーターがおすすめ

外出先でWiFiを利用することが多い

・スマホのデータ容量不足分を補いたい

まとめ

ご覧いただきありがとうございました。

参考になりましたでしょうか?

今回の記事をまとめると......

プロバイダーはどこと契約しても同じなので、GMOとくとくBB WiMAXキャンペーン中に、ホームルーターL02を選択し、13カ月目に解約すると実質月額2,816円でギガ放題が利用可能(モバイルルーターならW06を選び実質月額3,085円)

端末は不要ならばメルカリなどネットオークションで売れる

GMOとくとくBB WiMAX最安値、顧客満足度No.1で安心

キャッシュバックの受け取りとオプションの解除を忘れずに

不安であればお試しも可能

*現在キャンペーン中です!

※特定の紹介サイト経由だとキャッシュバックや月額割引の条件が変わるため、申し込みはこのページ経由で行いましょう。



-ポケットWiFi

© 2021 ネット回線の情報収集所