表示価格は特に表記のない限り契約事務手数料別・税別価格です。

ポケットWiFi

WiMAXは固定回線代わりとして使える!【専門家監修】

月額料金の高い固定回線をひくのが嫌という方や、マンションに住んでて大家に回線工事の許可がとれない、出張や単身赴任が多い、いつまでWiFiが必要か不明.....などなど様々な理由でポケットWiFiを検討中の方へ。

WiMAXなら固定回線の代わりになりますよ!

こちらでは、専門家監修のもと、WiMAXが固定回線として使える理由と、おすすめする人しない人をまとめています。

固定回線代わりにポケットWiFiを検討中の方は是非参考にしてください!

WiMAXって何?という方はこちら

WiMAXは固定回線代わりとして使える!

2009年からサービスが開始されモバイルブロードバンド市場の拡大を牽引してきたWiMAX。

契約者数が420万人を突破した2013年には従来のWiMAXから現在のWiMAX2+になり、エリア拡大と速度の改善を行ってきました。

従来のWiMAXの最大速度は10Mbps程度。WiMAX2+が始まった頃の最大速度は100Mbps。

そして2020年現在、契約者数はなんと3500万人となり最大速度は1.2Gbps(1200Mbps)と、固定回線も顔負けのモバイル回線へと進化しました。

ある調査によると約29%がモバイル回線を自宅のインターネット回線として利用しているそうです。

シビアな条件を求めないのであれば今やWiMAXは自宅の固定回線の代わりになると言えます。

ポケットWiFiが固定回線代わりに使用できるのであればネット代の節約にもなりますし、端末は最短翌日に届くので工事の煩わしさもありません

そこで今回は、ポケットWiFiを固定回線代わりに使いたいと思っている方の為にポケットWiFiを固定回線として使うのにおすすめする人、しない人を専門家が解説していきます。

結論を先にまとめると

ポケットWiFiを固定回線として使うのを

おすすめする

・通信エリア内

・外出先でも快適にネットをしたい

・一人暮らし(一人で使う)

・動画をそんなに見ない

・昼間ユーザー

おすすめしない

・通信エリア外

・反応速度を求められるオンラインゲームをする

・家族で使う(2人以上)

・動画をよく見る

エリアの確認は最優先!

LTE回線もWiMAX回線も自宅が通信エリア外だと残念ながらポケットWiFiを使用することができません。

現在はカバー率が高く、エリア外であることは珍しいと思いますが念のため確認しておくことをおすすめします。

エリアはこちらで調べられます

引用:UQWiMAXエリア確認ページ

もっと詳しく自宅住所などをピンポイントで調べたい場合はこちら

>WiMAX対応エリアはこちらからチェック

エリア判定→ピンポイントエリア判定で〇、△、×で判定してくれます。

判定が△だった場合

判定が△だった場合はWiMAXの利用は少し厳しいかもしれません。

しかしまだ諦めないでください。(判定が×だった方は残念ながらWiMAXは諦めてください)

実はUQ WiMAXでは自宅での速度や繋がりやすさを15日間無料で試せるTry WiMAXというお試し期間があります。(判定が〇だった方もOK!)

・お試し期間は15日間

自宅やよく使う場所など好きな場所でたっぷり試せる

・完全無料で利用可能

機器のレンタル料・通信料・配送料など全て無料

契約前に「15日間完全無料」でWiMAXの速度や繋がりやすさ、使用容量を体感できます。

3日で10GB使用すると速度制限にかかってしまいますので自分が1日にどれくらいの容量を使用しているかの確認にも。

また、TryWiMAXを利用した後は、他のプロバイダーから契約してもOK。

 

判定が△の方はレンタルの際、据え置き型のホームルーターをおすすめします。

持ち運び型のモバイルルーターでは電波が拾えない可能性が極めて高いです。

速度は充分に出る

冒頭で現在のWiMAXの最大速度は1200Mbpsと説明しましたが、実測はそれほどは出ません。

しかしこれは固定回線でも同じです。

今やポケットWiFiの速度は充分過ぎる位に速いです。普通に電波状況が問題なければ、10Mbps~50Mbps程度は安定して出ますし、状況次第では100Mbps越えの速度がでることもあります。

そもそも通常インターネットをするのに必要な速度はどれくらい?

1Mbps ウェブページ閲覧、メール受信、LINE
3Mbps  YouTube動画(フルHD)、ビデオ通話
5Mbps スマホのオンラインゲーム
20Mbps 4K動画の再生、PCオンラインゲーム

動画の画質と必要な通信速度

144p 180kbps
240p 270kbps
360p 530kbps
480p(SD)DVDレベル 800kbps
720p(HD) 1.8Mbps
1080p(フルHD)Blu-rayレベル 3.0Mbps
2160p(4K UHD)4K画質 20.0Mbps

10Mbpsの速度さえ出ていれば快適にインターネットができます。

外出先でも快適にネットしたいならWiMAX

現在格安SIMを使用している方は3大キャリアのLTE回線のどれか(docom/au/Softbank)で接続されていると思います。

基本的にLTE回線はエリアが広いですが速度は1Mbps~と遅い傾向があります。

それに比べてWiMAX回線はエリアこそはLTEに及びませんが、速度は10Mbps~とWiMAXのほうが速いです。

速度制限に関して

充分な速度が出るWiMAXですが、使いすぎると速度制限が発生します。

3日で10GBです。

一日あたり3.3GBとなりますが、Webサイトを見たり、グーグルマップを使ったり、メールやLINEをしたりなどは何万回という単位になり到底使いきれませんので全く気にすることはありません。

問題はインスタグラムやTikTokなどのSNS、AbemaTV、Netflix、Hulu、Amazonプライム、YouTubeなどの動画です。あと、LINEなどのTV電話も。

標準画質でおよそ1時間で1GBだと思ってもらえればOKです。

高画質だと一瞬で3.3GBを超えてしまいます。

ただし実は通信制限はあまり気にする必要はないんです。

通信制限にかかっても充分な速度

LTE回線は制限がかかると128Kbps~384Kbpsとまともにネット接続ができないほどの速度になりますがWiMAXは制限がかかっても1Mbps程度(2Mbps出る場合もある)と通常のネット使用には支障が無いレベルです。

1MbpsもあればYouTubeの360pのDVD画質も問題なく視聴できます。

1080pのYouTube画質

 

 

 

 

 

360pのYouTube画質

 

 

 

 

 

ちなみにZOOM、スカイプ、ディスコード、オンライン英会話、ラインのビデオ通話等に必要な速度は概ね1Mbps程度なので標準画質にすれば問題ありません。

日中利用がメインならなおさら

速度制限は18時から2時までの夜間8時間のみなので、 日中の利用がメインならいくら通信しても速度が低下することがなく快適に使い続けることができます。

月間の容量制限は無し!

無制限を謳うLTE回線の月間容量が実質100~150GBに対してWiMAXは月間の容量制限を設けていません。

ですので夜中の2時~18時までの利用頻度が多い方は毎日10GB使おうが20GB使おうが速度制限を受けることがなく月間500GB以上使うことも可能になってきます。

違約金無しで解約できる

WiMAXの場合は申込みから8日間(プロバイダーによっては最長20日間)であれば違約金無しで解約できます。

通信速度やエリアに問題があった場合に限らず、どんな理由であっても解約が可能です。

実際に使ってみて、すぐに制限がかかってしまったり使い物にならないといった状況であれば解約することも可能です。

オンラインゲームには向いていない

WiMAXに限らずポケットWiFiはping値と呼ばれる反応速度がよくありません。

反応速度を求められるFPSや格闘ゲームなどをするには向いていません。

2人以上で使うには無理がある

夜間に常に速度制限にかかっていてもかまわない方は問題ありませんが、やはり2人以上でWiMAXで通信していると3日で10GBは物足りないです。

まとめ

通信エリア内で、オンラインゲームや動画もあまり見ず、一人で使用するライトユーザーや昼間仕事中に使う方におすすめ。

WiMAXはどこと契約しても同じ

WiMAX回線を利用したポケットWiFiはどこのプロバイダー(販売代理店、通信事業者)と契約しても同じです。

どこと契約したから通信速度が遅いとか、通信制限上限が違うとかはありえません。

なぜなら回線はみんな同じで、料金を支払う先(プロバイダー)が違うだけだからです。

鉄道を想像してもらえばわかりやすいですが、線路がWiMAX回線で、乗り込む電車がプロバイダーです

どの電車に乗っても走る線路は同じなので重要なのはどの電車に乗るかだけです

要するによっぽど信頼のおけない会社だったりしない限りは1円でも料金が安いプロバイダーと契約するのが正解です。

(機種による通信速度の違いはあります)

据え置き型と持ち運び型があるけど?

据え置き型はコンセントが必要な分電波が飛びやすくLANケーブルを有線接続することができ、安定した接続が期待できます。

持ち運び型は充電式のバッテリー駆動で小さく軽いのでどこにでも持っていくことができます。

キャッシュバックを含め、現在一番人気はGMOのとくとくBBです。

据え置き型のホームルーターならGMOのとくとくBBでHOME02を選べばOKです。

持ち運び型はWX06です。

ちなみにとくとくBBなら20日間であれば違約金なしでの解約も可能となっています。

GMOとくとくBB公式ページ https://gmobb.jp/wimax/

-ポケットWiFi

© 2021 ネット回線の情報収集所