表示価格は特に表記のない限り契約事務手数料別・税別価格です。

ポケットWiFi

【注意】WiMAXのハイスピードプラスエリアモードについて

WiMAX端末には「ハイスピード」(HS)と「ハイスピードプラスエリア」(HS+A)という2つのモードがあります。

通常は、何も設定していない限り「ハイスピード」モードです。

「ハイスピードプラスエリア」モードへは、モバイルルーターでもホームルーターでも機器の設定を変更することで切り替えることができます。

しかし「ハイスピードプラスエリアモード」の事をよくわからずに使用するには注意が必要です。

場合によっては月額料金に+1005円かかってしまったり、全然使用していないのに速度制限にかかって翌月初まで使い物にならないなんてこともあります。

こちらではハイスピードプラスエリアモードを使用する際の注意点や対処法をまとめています。

そもそもハイスピードプラスエリアモードとは?

ハイスピードプラスエリアモードとは「WiMAX回線 + au 4G LTE回線」を利用した通信のことをいいます。

通常はハイスピードモードになっており「WiMAX回線」オンリーです。

ハイスピードプラスエリアモードのメリット

LTE回線をプラスすることによって得られるメリットは以下の通りです。

・通信速度が速くなる

・受信エリアが拡がる

・通信が安定する

WiMAX回線のデメリットやエリアをLTE回線が補います。

注意ポイント

あくまでLTE回線が「補う」ので、ハイスピードプラスエリアモードにしていてもLTE電波をキャッチせず「WiMAX電波のみをキャッチ」している場合があります。

ハイスピードプラスエリアモードを使用する際の注意点

通信についてはメリットだらけのハイスピードプラスエリアモードですが、2つの注意点があります。

・たった1度使っただけで月額に追加料金がかかる
2年契約プラン 1005円/3年契約プラン 無料

・7GB/月を超えると速度制限にかかる
ハイスピードプラスエリアモード中に制限にかかると、たとえハイスピードプラスエリアモードを解除しても翌月初まで使い物にならない

たった1度使っただけで月額に追加料金がかかる

WiMAXプロバイダーによっては「LTEオプション」などと表記されるハイスピードプラスエリアモードですが、申し込みなどが不要で、何気なく設定をいじっていて間違えてハイスピードプラスエリアモードにしてしまった場合も即座に追加料金の請求対象となります(切り替える前に一応注意画面は出てきます)

どこのプロバイダーでも契約年数によって追加料金の有無が変わります。

・2年契約のプラン:ハイスピードプラスエリアを使用した月は+1005円

・3年契約のプラン:無料

3年契約のプランの方でもLTEオプションが無料だからといって安易に使用するのは控えたほうがいいかもしれません。

詳しくは以下をご覧ください↓

計7GBを超えると速度制限にかかる

ハイスピードプラスエリアモードに切り替えてる間の合計が7GB/月に達した時点で即座に通信速度が128Kbpsに制限されます。

ハイスピードプラスエリアモード中に一度に7GBではなく合計7GBなので、

切替1回目:3GB使用

切替2回目:3GB使用

切替3回目:1GB使用 ←この時点で速度制限となります

LTE電波を利用したかどうかは関係なく、先に述べたようにハイスピードプラスエリアモードにしていてもWiMAX電波だけをキャッチする場合もありますがそれでも7GBで速度制限にかかります。

制限内容が厳しい

WiMAXといえば3日で10GB使用で速度制限にかかりますが、ハイスピードプラスエリアモードの7GB使用でかかってしまう制限とは内容が大きく違います。

通常
(ハイスピード)
ハイスピードプラスエリア
制限にかかる条件 10GB/3日 7GB/
制限時の速度 1Mbps 128Kbps
制限時刻 翌日18時~26時 即時で24時間
解除タイミング 26時以降 翌月初

注意ポイント

このようにハイスピードプラスエリアモードで一旦7GBを超えてしまった場合は例えハイスピードプラスエリアモードを解除しても翌月初まで速度は128Kbpsなので当月中はWiMAXは使い物になりません!

128Kbpsという速度は通常のネット検索はもちろん地図アプリの使用やLINEすらできません。

※逆に、通常のWiMAXの3日で10GB制限中にハイスピードプラスエリアモードに切り替えた場合でも速度は1Mbps以上出ません。

非常に厳しい制限内容ですので、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えた場合でも不要になれば忘れずに通常(ハイスピード)モードに切り替えましょう!

7GBを超えないようにするには

ハイスピードプラスエリアモードは使用したいけどこれだけデメリットがあるなら正直怖くて使えない.....という方におすすめの方法があります。

それはWiMAX端末に搭載されている「ワンタイムHS+A」(ワンタイムハイスピードプラスエリア)モードを利用することです。

ワンタイムHS+Aモードは、ハイスピードプラスエリアモード中に、あらかじめ設定した通信量に達すると自動でハイスピードプラスエリアモードが解除される便利なモードです。

モバイルルーターやホームルーターによって設定方法が異なるので詳しくは取扱説明書をご覧ください。

端末の設定で「解除するデータ通信量」を6GBに設定しましょう。

注意ポイント

7GBに達すると速度制限にかかるので必ず6GBに設定してください!

まとめ

ハイスピードプラスエリアモードは

・通信速度アップ

・受信エリア拡がる

・通信が安定

間違って切り替えてしまっても

2年契約プラン:1050円

3年契約プラン:無料

7GB/月で速度制限にかかった時の内容は非常に厳しい

たとえ通常モードに戻しても翌月初まで使い物にならない

制限にかかりたくないなら

「ワンタイムHS+A」機能を利用する


少し使うのを躊躇するハイスピードプラスエリアモードですが、3年契約プランに加入していて、ワンタイムHS+A機能を利用すれば【ここぞ】という時に通信品質が上がってむしろメリットかもしれませんね!

-ポケットWiFi

© 2021 ネット回線の情報収集所